サザエと格闘

スーパーで買い物中、サザエが安かったので購入(3個入りで400円!)。家に帰って、さっそく調理しようとしたが、サザエをこれまでさばいたことがないことに気づく。ネットでさばき方を検索してみると、なんとナイフで貝柱と貝の間を ひと突きし、ぐりぐり左右に動かして蓋と身を切り離し、指を突っ込み残った肝をかき出すらしい。

想像以上の難易度に、少々ひるんだが負けじとサザエにナイフを突き刺した!すると、泡がブクブクブク。オロオロしているとサザエがピッタリと蓋をしてしまい、ナイフを突き刺そうにも突き刺せなくなってしまった。…サザエは生きていた。

数十分にらめっこし、とうとう意を決してまだ悠々と蓋をせずに口を出している別のサザエにナイフを突き刺した!かなり残酷な光景だったがなんとか蓋と身を取り出すことに成功。さっきまで生きていたサザエがポロリと下に。身は白ではなく意外にピンク色をしていた。口の部分はとても赤い。まだジャミナの心臓はびっくりしていたが、一汗拭った後、いよいよ肝の取り出しにとりかかった。

指を貝の中に突っ込むと、ひんやりとしたサザエの身がグニャリと指にあたる。貝と肝がくっついている箇所を指で頑張ってぐりぐりした後、つるりと簡単に肝が出てきた…まな板にポトリと落ちた肝を見た瞬間、グロテスクすぎて叫んでいた。

結局、生で食べずに炒めて食べた。

冷製パスタを作ってみた

冷製パスタを初めて作ってみた。細麺が良いなと思って購入したものの、見た目が少なく見えるのと、1人前の量がどのくらいか分からなかったのもあり、結果3人前くらいのパスタを茹でてしまった。見た目はとりあえず色鮮やかで美味しそうな感じ。盛り付けは、どんぶり鉢に。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★ジャミナレシピ★

①パスタを茹でる

500gとかかれた袋で半分を投入。※おそらく1/4で良い

②ソースを作る

鶏ガラの素、塩、コショウ、ニンニク、オリーブ、レモン汁、ナンプラーを混ぜ合わせる。分量は好みで適当に。※ソースより麺が多くなると美味しくない

③ ソースと具材を混ぜ合わせる。

アボカド、サーモン、プチトマトを切って麺の上にのせる。※ソースが失敗しても、盛り付けが綺麗にできると見栄えは良くなる。

④盛り付け

どんぶり鉢に盛り付け。※どんぶり鉢より底の浅い皿の方が見栄えは良い。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ピラニアの味

味は淡白。家の近くのミャンマー料理店にてぺろりと平らげた。あの見た目が怖い魚も食べれば美味しいと思っていたところ、後日、この魚がピラニアではなく、テラピアだと分かり失笑。

f:id:jamina:20170210080136j:image

臭いけど美味しいブルーチーズ

家の近くにあるスーパーでブルーチーズを発見。水分が多めのゴルゴンゾーラというチーズと、パサパサしているデンマーク産のチーズ。どれもブルーチーズだが、青カビの量と塩の投入量のさじ加減で、水分量が変わり、まったりしたものからパサパサしたものに変化するらしい。1度トライしてみようと、早速家に持ち帰って開封してみたら、臭い臭い。とても美味しそうな匂いではなかった。一瞬にして部屋中がチーズ臭に。見た目も悪かったが、勇気を出して口に入れてみると味は塩見が効いていて濃厚。かなり美味しかった。この日、食べ残しを冷蔵庫に戻すのを忘れ放置。朝起きると部屋中チーズ臭かった。家を出るときにも冷蔵庫に入れるのを忘れ放置。仕事から帰ると何やら臭かったので嗅いで回ると、ブルーチーズにたどり着いた。

 

臭いけど美味しいブルーチーズ。今度はスティルトンという三大ブルーチーズの残りの1つも食べてみたい。

f:id:jamina:20170205000730j:image